ペイントホームズ
東松島・石巻店

住宅外壁塗装工事の遅延を起こす影響や原因

 

そもそも、外壁塗装は時間をかけて丁寧に行うべき作業です。しかし、計画通りに進まないこともあります。今回は、工事が予定期日より遅延するケースとその理由についてお話しします。

 

・季節や天候の影響

外壁塗装は天候に大きく左右されます。雨天や高湿度の日は塗料が乾燥しにくいため、作業が中断されることが多いです。特に梅雨や台風の時期など、天候による遅延が発生しやすくなります。寒冷期や湿度が高い季節には、塗装の乾燥が遅れるため、工期が延びることがあります。

 

・補修工事

現調ではわかりにくく工事開始後に外壁の劣化や損傷が発見されることがあります。こうした補修工事は、塗装工程の前に行わなければならないため、工事全体が遅れる原因となります。

 

遅延への対策と心構え

1.事前の計画と確認

工事開始前に天候の予報を確認し、可能な限り天候に左右されないスケジュールを組むことが重要です。また、外壁の状態を事前にしっかりと調査し、予期せぬ修繕が必要となる箇所を把握しておくことで、工事の遅延を防ぐことができます。

2.進捗のこまめな確認

工事の進行状況を定期的に確認し、問題が発生した場合は早めに対処することが大切です。工事業者と良好なコミュニケーションを保ち、進捗状況や今後の予定について常に情報を共有するよう心がけましょう。

3.近隣住民への配慮

工事開始前に近隣住民に対して工事の概要やスケジュールを説明し、理解を得ることが大切です。トラブルが発生した場合は迅速に対応し、円滑な工事進行を目指しましょう。

まとめ

外壁塗装工事は天候や予期せぬ修繕作業などによって予定期間内に終わらないことがあります。一般的な工事期間の目安を理解し、計画的な進行と適切な対応をすることで、美しい外壁を長く保つことができます。工事が遅延する場合でも、業者からの説明を受け、工程の進み具合や今後の流れを理解することで、不安を解消することができるでしょう。